土のうで水害対策・浸水対策.COM

水害・浸水多発地域マップ

HOME > 水害・浸水について > 水害・浸水多発地域マップ

過去発生した水害

2000年9月8日?17日
台風14、15、17号による豪雨。
東海地方で記録的な大雨(東海豪雨)、7万棟が浸水。
名古屋市で日降水量428mm。
死者・行方不明者12名、負傷者118名、床上浸水22,885棟、床下浸水46,342棟
2004年10月18日?21日
台風23号による豪雨。
兵庫県豊岡市、京都府舞鶴市などに、甚大な水害発生。
死者・行方不明者98名、負傷者522名、全壊893棟、半壊・一部破損18,596棟、
床上浸水14,289棟、床下浸水41,120棟
2005年9月3日?8日
台風14号による豪雨。
九州・中国・四国各地の総雨量が月間平均雨量の2倍を越え、宮崎県では1,300mm以上の地点も。
死者・行方不明者29名、負傷者179名、床上浸水7,159棟、床下浸水13,580棟
2006年7月15日?24日
鹿児島・熊本・島根・長崎などの各県で総雨量が月間平均雨量の2倍を越え、宮崎県や鹿児島県では1,200mm以上の地点も。
死者・行方不明者32名、負傷者81名、床上浸水2,212棟、床下浸水8,427棟

洪水ハザードマップ

自然災害の中でも突然襲ってくる地震とは違い、水害はその発生まで時間があります。
普段から水害について正しい知識や、事前対策を万全にしておくことが大切です。

また、住んでいる地域や日ごろの行動範囲において、どんな場所でどういった水害が発生しやすいか、調べておくことも重要です。 休日などに周辺を散策して把握しておくもの良い方法です。

行政・公共機関では、「洪水ハザードマップ」という水害危険地域を記した地図を配布しているところもあります。 「洪水ハザードマップ」を参考に、安全な避難経路の確認をすることも重要です。

 

ページトップへ

土のうで水害対策・浸水対策.COMTopに戻る

ページのトップへ戻る