土のうで水害対策・浸水対策.COM

水害・浸水後の避難について

HOME > 水害対策・浸水対策について > 水害・浸水後の避難について

避難する場合

水害発生の危険性が高まると、防災無線や広報車などによって避難勧告や避難指示が発令されます。
避難指示や避難指示が無い場合でも、住んでる場所などの条件によっては危険が高まります。なんらかの異変を感じたらすぐに避難することをオススメします。
お年寄りや、体の不自由な方がおられる場合は早めに避難行動をとりましょう。
土砂災害については、いくつかの前兆現象があるといわれているので、異常を感じたらすぐに避難するように心がけましょう。

 

避難時のポイント

  • 履物は、靴紐などの脱げにくく歩きやすい靴を履くこと
  • 避難する人同士でロープを結ぶこと
  • 歩ける水深に注意すること
    この水深の限度は、成人男性で約70cm、成人女性で約50?60cmが目安と言われています
    したがって、腰まで水位がある場合は無理して避難せずに救援を呼ぶか、救援を待ちましょう
  • 冠水した箇所を通る際には危険がどこに潜んでいるかわかりません
    長い棒などを杖代わりにして水面下の安全を確認しながら進むことが重要です
  • 子供やお年寄りの安全に注意すること

非常持出品

非常持出品は、地震や風害といった他の自然災害対策にも役立つので準備しましょう。
定期的に点検して入替・補充などをして、リュックサックなどに入れておくと便利です。
赤ちゃんやお年寄り、体の不自由な方がおられる場合は、家族の状況に応じて準備したほうが良いでしょう。

主な持ち出し品リスト

  • 飲料水
  • 食料(カンパン、インスタントラーメン、缶詰など)
  • 缶きり
  • 携帯ラジオ
  • 懐中電灯
  • 電池
  • 防災頭巾
  • ヘルメット
  • ロウソク
  • ライター
  • ナイフ
  • 医薬品(傷薬、常備薬)
  • 貴重品(保険証書、印鑑、通帳)
  • その他(軍手、下着、タオル、毛布)

ページトップへ

土のうで水害対策・浸水対策.COMTopに戻る

ページのトップへ戻る