土のうで水害対策・浸水対策.COM

ビル管理者の水害対策

HOME > 対象者別 水害・浸水対策 > ビル管理者の水害対策

ビル・マンション防水対策・浸水対策

近年、集中豪雨が多数発生し、河川が排水しきれなかった水が地下街や地下室などへ浸水するといった、水害が発生しています。
最近では福岡市でビルの地下への浸水によって女性が死亡、東京新宿区でも、地下室で男性が水死する、水害事故が起こっています。
駐車場や地下室、地下の階への浸水を防ぎ水害・浸水からビルを利用するたくさんの人の命を守るにはどうしたら良いのでしょうか?
その為には水防板、水防扉、土のうなどの設備を整える必要があります。

 

しかし水防板、水防扉、には工事が必要だったり、費用もコストもかかり、なかなか設備を整ったビルが見られないのが現状です。
一番、手間隙かからず簡単に用意できる土のうを備蓄しておくのが最適です。
しかし、土のうも、備蓄スペースが、中々確保できないなどの問題点がありましたが、最近は省スペースで保管場所の要らない、土のうが開発され販売されています。
マンションの管理者様、またマンションの自治体単位で土のうを揃えられるのが非常に良い水害対策になります。

土のうでの水害・浸水浸水

水害が起こった際、ビル・マンションでは
どうやって土のうで浸水被害を塞いだら良いのでしょうか?

  • ビルの出入り口を土のうで塞ぎ、ビルに入ってくる水を防ぎましょう。
  • 換気口から水が入って建物内部が水浸しになることもあるので、水害が発生するおそれがある場所を土のうで塞いでおきましょう。
  • 地下室や地下駐車場は、地上から大量の水が流れ込んできます。
    大変危険なので地下への入り口を土のうで塞ぎましょう。

 

ページトップへ

土のうで水害対策・浸水対策.COMTopに戻る

ページのトップへ戻る