土のうで水害対策・浸水対策.COM

個人の方の水害対策

HOME > 対象者別 水害・浸水対策 > 個人の方の水害対策

個人の水害・浸水対策

近年、集中豪雨が多数発生し、河川が排水しきれなかった水が住宅や 地下室などへ浸水するといった、 水害が発生しています。 また、 住宅へ浸水すると、家族の身の安全が危険にさらされる だけでなく家具・家電製品・布団・じゅうたん・押入れの中の物など家財への深刻な浸水被害も報告をもたらします。 まだ買い変えれる物だと良いですが 一度、浸水してしますと住宅本体がかなりのダメージを受けてしまいます。 水害時の水の増え方は「あっ」と言う間で水害が起きた時には、 慌てても手を遅れになってします。

 

大切な家族、住宅、家財、を守るには、どうすれば良いのでしょうか? 水害・浸水被害を防ぐには水防板、水防扉、土のうなどの対策があります。 公共施設、ビル、マンションなどでは水防板、水防扉を設置する事は出来ますが個人の家で、水防板、水防扉などを設置するのは難しく大変費用も掛かります。 そこで一番、個人の家で、準備できる浸水対策として、土のうを備蓄して置くことがあげられます。 土のうと聞いて、備蓄場所が必要だ、場所を取ると考えられる方が多いかもしれませんが今では、場所も、取らず、省スペースで、環境にも優しい土のうが販売されています。 大事な、お住まいを守る為に、土のうの購入を考えられては、どうでしょうか?

土のうでの水害・浸水対策

土のうでの水害浸水対策と聞いて、難しいと思う方も居るかもしれませんが 土のうでの水害対策は簡単です。
水の浸入を、土のうを積んで防ぐだけで良いのです。

  • 家の出入り口、玄関、勝手口に土のうを積んで水の浸水を防ぎましょう。
  • 換気口から水が入って住居の内部が水浸しになることもあるので、水害が発生するおそれがある場所を土のうで塞いでおきましょう。
  • 洗濯機、トイレ、台所、炊事場、排水溝から水が溢れ出してくる事もありますので土のうで塞いで置きましょう。
  • 地下室は、地上から大量の水が流れ込んできます。大変危険なので地下への入り口を土のうで塞ぎましょう。
  • 車庫の前にも土のうを積んで愛車を守りましょう。



ページトップへ

土のうで水害対策・浸水対策.COMTopに戻る

ページのトップへ戻る