土のうで水害対策・浸水対策.COM

水害 よくある質問

HOME > 水害 よくある質問

水害対策・浸水対策 Q&A

ここでは、水害対策浸水対策に対するQ&Aをご紹介します。

都市型水害の自衛策として、一番大切なことは何ですか。
まず洪水(水害)ハザードマップを入手して、自宅が何センチ程度の浸水の可能性があるのか確かめることです。
その程度で自衛策の方針を決めます。
 

 

洪水ハザードマップってなんですか?
洪水ハザードマップとは、河川が氾濫した場合に備えて、 地域の住民の方々が素早く安全に避難できることを主な目的に作られた、被害の想定される区域と被害の程度、さらに避難場所などの情報を明示した地図のことです。詳しくはこちら
 

 

水害時の避難場所って、何処にあるんですか?
各自治体によって違いますので、役所などにお問い合わせ下さい。
 

 

外水氾濫と内水氾濫ってなんですか?
外水氾濫とは、豪雨などで川の流水量が著しく増加し、水があふれている状態のことです。洪水なども外水氾濫に含まれます。
内水氾濫とは、川から水があふれたのではなく、雨を排水しきれず水があふれている状態のことです。詳しくはこちら
 

 

雨を避けるために地下街を歩くことがあります。地下街は安全ですか?
非常に危険です、大雨で浸水が起きたさい、地下街に大量の水が流れ込みます。 近年では地下街、地下室などでの死亡事故の報告も多数ありますので、大雨の際は 地下街を歩くのは避けましょう。
 

 

エコサンド土のうってなんですか?
土のうの問題点を克服することに成功した100%自然素材で構成された環境にやさしい土のうのことです。
詳しくはこちら
 

 

ページトップへ

ページのトップへ戻る